26 Marメガネの鼻当て部分のシミ

この1年ほど、メガネの鼻に当たる部分がシミになってきているように思います。
一日中メガネをかけているようなこともなく、クルマを運転したり行事に出席したりするときだけかけるという感じなのですが、それでも気になります。

最初はかけていた時の圧力で、肌が少し赤くなる程度だったのですが、あるときからその赤いのがなかなか引かなくなりました。
それからしばらくして、いつも赤くなる部分に、薄茶色のシミができているのを発見。
左右どちらにも同じ場所にあるので、これはメガネの鼻当てが原因だとしか考えられません。

そういえば、うちの父も鼻のところにシミがありました。
父は重度の近視で、圧縮レンズが普及するまではびんぞこメガネの重いものをかけていたので、鼻当てにかかる圧力もそうとうのものだったのでしょう。

先日メガネの友人にそのことを話したら、彼女にも同じところにシミがありました。
これはメガネさんにはもれなくあるものなのかもしれませんね。
彼女はコンタクトにすることがまずないので、メガネをかけている限り隠れるので、さほど気にしていないと言っていました。
ですが私は、メガネなしで生活する時間のほうが長いので、やはり鏡を見るたびに気になってしまうんですよね。
薄くするいい方法はないでしょうかねえ。

Comments are closed.