25 Febシミはどうして出来るのか?

シミと言うと、一度出来てしまえばなかなか治りにくいもので、自己ケアでの回復は非常に困難だと言われています。

「そのシミがどうやって出来るのか?」この事をよく知っておく事が、シミ対策においてはとても重要な事ではないでしょうか?

シミの出来るメカニズムについて簡単に説明していきましょう。

まず日焼けをすると肌が黒くなりますよね?
これは、紫外線から細胞を守る為に起きる現象だと言われています。
肌が紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞が働き、これによって黒い色素を作り出します。

この黒化したものは紫外線を遮断し、カーテンのような働きをします。
通常日焼け後は、紫外線のダメージを受けなければ肌は元通りに白くなるものです。
けれど、それが新陳代謝の異常などによってシミの要因へと変わってしまいます。

その新陳代謝を崩す要因として考えられるものというと、紫外線だけではなく睡眠不足や栄養不足などの生活習慣が関わるものや、生理不順などのホルモンバランスなどの影響によるものが挙げられます。

その結果、本来ならば新陳代謝によって肌を黒くさせるメラニン色素が落ちる筈ですが、肌の深層に残った状態となりこれがシミへと発展するのです。
日焼け直後の初期段階で”いかに気を遣うか”によってシミを防ぐ事は出来るものです。

また日焼けをしないようにと、日頃からUV対策を行う事やスキンケアを徹底する事がいかに重要か理解出来るのではないでしょうか?